名所案内

  • 備後一宮吉備津神社

    備後一宮吉備津神社

    吉備津神社は備後国一の宮と称された古社で、大同元年(806)、備中一の宮より勧請したと伝えられています。寛喜元年(1229)・元弘二年(1332)と炎上し、その後永和二年(1376)の復興にあたって従来の三殿並列の形式を改めて一殿に合祀し、さらに明徳三年(1392)に桁行十二間・梁間七間の社殿を造営しました。この社殿も近世に至って荒廃し、慶安元年(1648)福山藩主 水野勝成が旧規模にならって社殿を造営しました。

  • 素盞嗚(すさのお)神社

    素盞嗚(すさのお)神社

    神谷川と芦田川が合流する東側にあり、通称「天王さん」と呼ばれています。『延喜式』神名帳深津郡条にみえる「須佐能袁能神社」に比定されており、素盞嗚・稲田昆売命・八王子命・祇園社・天王神社など称しています。また、別当寺として早稲山天王寺が境内地にありました。主な例祭には、祇園祭と大祓祭(茅輪神事)があります。祇園祭は、毎年7月の第2か第3の土日に開催されます。町内上げてのにぎやかな祭りです。

  • 相方城跡

    相方城跡

    芦田川南岸に接した標高約190㍍の東西に長い丘陵(通称城山)上に築かれた山城です。
    現在の相方城は、戦国時代末期から安土桃山時代にかけての短期間に使用された山城で、県内の山城の中で立地・遺構ともに特色を持つもので近世城郭への過渡期の様相を示すものとして重要な位置をしめる遺跡です。

  • 大滝神社と名水

    大滝神社と名水

    大滝神社の境内に湧く単純弱放射能冷鉱泉で、以前は浴場も造られていました。
    関が原の合戦の際にも落ち武者が、ここの水で湯治された記録が残っています。
    現在は地元のご苦労で水汲み場が整備され、近郊はもとより遠方からも多くの人が水を汲みに訪れています。

  • 尾市古墳

    尾市古墳

    新市町常の芦浦地区にあり、一辺約12mの八角形墳です。
    花崗岩切石で構築された羨室が十字になっており全国的にも珍しい古墳です。

  • 藤尾の滝

    藤尾の滝

    新市町藤尾に流れる父尾川にかかっています。
    下流から登っていくと順に一の滝、二の滝、三の滝となっています。
    特に二の滝は落差23メートルありかなりの迫力があります。

  • 金名の郷頭

    金名の郷頭

    神谷川の支流になる金名川の中流にある世界初と思われるアーチ式の水量調整のためのダムで、江戸時代の中頃になる天保11年(1840)、豪雨で上流の池が決壊したときの大水をここでくいとめたとの伝承が残されています。

  • 大佐山白塚古墳

    大佐山山頂付近、戸手地区から柏地域の観音寺に登りきる手前に、1号古墳から7号古墳まで合計7基の古墳が存在しています。 広島県の史跡に指定されている古墳時代末期の古墳で現在でも丘陵部分が分かるように残っている貴重なものです。 古墳周辺からの眺望も素晴らしく、府中市から神辺平野までが一望できる絶景スポットとなっています。

  • 銅栄山光明寺

    銅栄山光明寺の鐘楼門は慶長13年(1609年)に建てられたと言われる歴史のある貴重な建造物です。
    欄間部分には鶴仙・亀仙・鯉仙の三仙人の浮き彫りが見られます。
    鶴・亀・鯉とも仙境にあり、参詣者の憧憬を具現化するものの一つとして設置されました。

写真素材をご提供いただきました。

尾市古墳:古墳のお部屋|株式会社AFW