春 桜めぐり

相方城→車5分→大佐山→車5分→吉備津神社、櫻山城→車7分→大滝神社、日隈公園、銅栄山光明寺


相方工業団地を過ぎ、相方城の(場所)城郭エリアに入ったあたりから城域全体にソメイヨシノが約100本植樹されています。
城跡の石垣に桜が映え、主郭に立つと眼下には桜越しに素晴らしい府中や新市の町並みが見渡せます。



神谷川弥生遺跡の跡でもある大佐山保養センター(場所)、運動公園(場所)、新市クラシック周辺(場所)、憩いの森にソメイヨシノが計800本の桜があります。
保養センターから大佐山展望広場(場所)までは急傾斜の道ですが、両脇に樹齢30年から50年の見事な桜並木が続きます。



御池(場所)を含めた吉備津神社(場所)にはソメイヨシノ、関山、河津桜など様々な桜が200本、櫻山城(場所)は主郭付近にソメイヨシノ約100本が植えてあります。
特に、櫻山神社境内は所狭しと桜が咲き誇り、御池は池の水面に桜のが映り込み、美しい風景を堪能できます。



大滝神社(場所)にソメイヨシノとヤマザクラ約20本、日隈自然公園(場所)にはソメイヨシノとヤマザクラ約200本、銅栄山光明寺(場所)にソメイヨシノ約80本があります。
各所は、歩いて移動するのは少し大変ですが、山間部の田舎風景と相まって、他の名所と全く異なる景観となります。


ここで紹介したほかにも、大佐山白塚古墳(場所)など新市町には桜の名所が各所にあります。

ページの上へ戻る